格言183
『退職することは健全だ』


最近のブログは、もっぱら転職ネタばっかりです。

この間も自己研鑽には専ら勤しんでいますが、

しばらく続くかもしれません。






転職先から内定をもらい、会社に伝えてから、はや半月。

前回も書きましたが、上司の態度がガラッと変わり

早く辞めたいなぁと思っている今日この頃です。

まるで犯罪者か何かミスをした人の扱いです。

(あくまで主観ですが)



しかし、未だに退職の確定がはっきりせずの状況で

入社日が刻一刻と近づいています。

このまま進んだら来週には退職届を

出さざるを得ないな…嫌だな。




転職することを現職に伝えてから色々と

考えてばっかりでした。




退職を伝え、周囲の対応が変わったときに

思ったのは『転職って悪いことなのか』でした。



初任のコーポレート部門から異動して

2年が経ちましたが、

今の営業のポジションがどうしても

好きになれなかった。



いま扱っている製品は誰のためにやっているんだろう?

この製品は当社がやらないといけないのか?

この仕事を自分がやらないといけないのか?



自分なりに、やってみないと分からないと思い、

頑張ったつもりではいるんです。

しかしながら、この疑問が解消されぬまま、

2年が経ってしまい、どこかモヤモヤする

気持ちが続いてしまいました。



このままのポジションにいては自分のために

ならない、またこんなモチベーションでは

会社にも申し訳ないと思い、転職活動を始めたのです。



そして、自分がチャレンジしたい仕事を

見つけて、転職することを決意しました。

これって会社・職場としても個人としても、

Win-Winじゃないでしょうか。



確かに会社の人員の話も分かります。

人の替えがきかないって話もありましたが、

ただ、たかだかのほほんと2年営業を続けた

人員が退職したらやばいなんてことはありません。


今までも人員が少なくなることは

ありましたが、正直なんとかなります

(残された同僚が一時的に

 忙しくなるのは申し訳ないですが…)


昨今では、人員の流動化が当たり前に

なってきていると感じています。


去る者もいれば、優秀なキャリアをもった

即戦力も迎え入れることが出来る会社が

本当に健全なのではないでしょうか。

リクルートなんて良い例です。




様々な考えがあると思いますが、

これが私の考えです。


会社にとって、裏切りの行為だとは

1ミリも思いません。



最後まで、曲がりなりにも会社に貢献した、

自分なり頑張ってきたんだと胸を張って

退職出来る様に頑張りたいと思います。


周囲の目は厳しいかもしれないけど、頑張ろう。



モチベーションキープのために

ぜひ下のボタンをクリックお願いします!


にほんブログ村 ゴルフブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ